ローズマリー

古来より集中力と記憶力の象徴のハーブ、「アンキパン」にも含まれているとかいないとか!?

ローズマリーは古い歴史のあるハーブの一つで、いくつかのエピソードがあります。

古代エジプトでは、ローズマリーの小枝を焚き、ファラオ王の墓に捧げる習慣がありました。
抗菌作用や強壮作用に優れているため、ローマ時代には、薫香として医療で活用されていました。
古代ギリシャやローマでは、愛と誠実を表し、結婚式や葬儀に使われてきました。
ギリシャ時代には、学生が試験会場にローズマリーの小枝を持参したというエピソードがあるほど、何世紀にも渡って記憶力や学問を象徴する植物であったと言えます。

アンキパン

アンキパン

また、若さを取り戻せた妙薬としても有名です。
14世紀のハンガリー女王エリザベート(70代)は痛風や脳卒中の後遺症による麻痺がありました。
痛み止めのために修道士が献上した、主成分がローズマリーのハンガリーウォーターで、その症状が落ち着き、さらに、隣国のポーランド王(20代)からプロポーズされるほど王妃を若返らせたそうです。
このエピソードから、ハンガリーウォーターは「若返りの水」と呼ばれるようになりました。

科名:シソ科
産地:チュニジア、モロッコ、フランス、スペイン
抽出部位・方法:開花中の花から水蒸気蒸留
香りの特徴:ハーブの爽快感を感じる、すがすがしくカンファ―の刺激的な香り

 

有用性

精神的な疲労を回復し、自信と意欲を高める

ローズマリーのシャープで刺激的な香りは、心身に活力を与え、脳内の血液循環を良くし、記憶力をアップさせます。
認知症の予防にも活用されています。

無気力なときや精神的に弱くなってしまった心をサポートしてくれます。

考え過ぎが原因で、自らの行動にいつも躊躇したり、疑い深くなったりする弱い心を鎮め、強さを与えて、自信と意欲が高まるように助けてくれます。

【こんな症状にお勧め】
抗うつ、神経刺激、頭脳明晰化

 

体液の循環を促進、筋肉を緩めるのに効果的。
低血圧、貧血もサポート

ローズマリーの細胞再生作用循環促進作用解毒作用などにより、体内に溜まった老廃物を排出し、新陳代謝を高めてくれます。
優れた肝臓強壮作用もあるので疲れた肝臓には特にオススメです。
滞りがちな機能を活性化してくれます。

また、鎮痛効果などによって、肩こり足の疲れをはじめ、筋肉痛関節痛腰痛神経痛痛風リウマチ痛などの不調を緩和してくれます。
消化器系呼吸器系にも有効です。

頭痛偏頭痛軽いめまいもやわらげてくれます。

【こんな症状にお勧め】
強肝、強心、強壮(呼吸器系)、血圧上昇、健胃、消化促進、発汗、利尿、抗がん、免疫賦活、細胞成長、抗酸化、うっ滞除去、抗菌、抗真菌、抗炎症、瘢痕形成

優れた収れん作用が、肌を引き締め、たるみやむくみを解消。

ローズマリーには収れん作用があります。
たるみや毛穴を引きしめスッキリさせたい時に使用します。
また、脂性肌を改善して、にきびや吹き出物のケアに役立ちます。
フケや抜け毛予防にもおすすめです。

首や肩のコリがある場合は、顔・首・肩・デコルテをあわせてトリートメントしましょう。
筋肉のコリがほぐれて、体液循環が良くなるので、血行促進の効果で顔色が明るくなり、ふっくらとした肌へ導いてくれます。

お勧めの使い方


勉強や仕事の効率を上げたいとき、ディフューザーにローズマリーを数滴入れ、室内に拡散しましょう。
記憶を司る脳の海馬を活性化させて集中力記憶力を高めてくれる作用があります。

また、抗菌作用により、喉の痛み鼻づまりを緩和させ呼吸を楽にさせてくれる他、消化促進させてくれる働きもあります。

ローズマリーのシャープな香りは、寝起きや車の運転中に使用すると、眠気を覚ましてくれます。
直接ビンから吸入するか、オイルを垂らしたハンカチなどを車内に置きましょう。
脳細胞を活性化し、集中力を高めてくれます。

塗布
体の一部分に塗布する場合は、薄めずに使用できます。
足裏の反射区やツボと患部に1、2滴塗ってください。

ローズマリーは抗菌作用があり、筋肉痛リウマチ神経痛などの関節炎に働きかけます。
患部にオイルを1、2滴塗りましょう。
ココナッツオイルにラベンダーやペパーミントもブレンドしてトリートメントをするのもいいでしょう。
新陳代謝を促し、体の痛みを緩和させてくれます。


飲み物や食べ物に入れることができます。
水120ml、またはハチミツ15mlにオイル1滴を目安に希釈。

抗菌作用や強壮作用があるため、風邪の初期症状におすすめで、ベジタブルカプセルにオイルを2滴入れて飲むと早期回復が期待できます。

※米国食品医薬局(FDA)によって、摂取することが安全だと認められています。
※6歳未満の子どもには摂取させないでください。6歳以上の子どもに摂取させる必要がある場合は、さらに薄めて慎重に使いましょう。


バスタブにオイルを1、2滴入れて、入浴します。
気力アップさせたい時、ストレスからくる疲労を感じる時などに早期回復が期待できます。
新陳代謝を高め、身体に溜まった老廃物を排出し、鎮痛効果によって、関節炎などの痛みを緩和してくれるでしょう。


頭皮や髪のベタつきフケの悩みには、キャリアオイル30mlにオイルを6滴入れて混ぜ合わせ、頭皮と髪をマッサージした後、よく洗い流します。
シャンプーにオイルを1滴加えてもいいでしょう。
朝風呂やシャワー時に使用すると、芳香作用もあり、脳も頭皮もスッキリして、幸先の良いスタートが切れそうですね。


ステーキなどの肉料理や、煮込み料理、スープなどに1滴使用すると風味が良くなり美味しくいただけます。

ローズマリーは風味が良いだけでなく、優れた抗酸化作用があります。
食品添加物や農薬で汚染された食物、大気汚染、タバコ、ストレスなど、現代には活性酸素を発生させる要因が多くあり、活性酸素は体の疲労や老化のスピードを促進してしまいます。
いつまでも若々しく健康でいるためには、これらの要因をできるだけ避けながら、抗酸化物質を豊富に含む食べ物を食事に取り入れていくことが大切です。
ドテラのローズマリーオイルは、飲食可能な料理にも使用できる安心安全なエッセンシャルオイルです。
日常の食卓にもドテラのオイルを取り入れて、オイルのパワーを活用していきたいですね。


適応症状

風邪、気管支炎、副鼻腔炎、鼻づまり、せき、悪寒、インフルエンザ、冷え性、
フケ、脂性分が多い頭皮、脱毛、セルライト、
糖尿病、疲労(神経的、精神的)、ストレス関連の疾病、頭痛、
更年期障害、生理不順、、膣炎、月経痛、
肝炎(ウイルス性)、大腸炎、膀胱炎、消化不良、食欲不振便秘、下痢、
免疫系(刺激)、耳炎、
動悸、頻脈、胸やけ、低血圧、
腰痛、関節炎、筋肉痛、肩こり、花粉症、
うつ、不安、不眠、乗り物酔い、

Column

ローズマリー
アスリートが試合前に使うオイル
ローズマリーは、集中力を高めてやる気をアップさせる働きがあるため、アスリートにも人気のオイルです。
失敗を恐れる不安感に打ち勝ち、強い意志を持って勝負に挑めるようにサポートしてくれます。

私たちも、勝負前の大事な時には忘れず使いたいものです。
ずっと前から知っていれば、もっと成功していたかも!?


dōTERRA®価格
ボトルのサイズ  15ml
価格 3,500円(小売価格)


注意事項・禁忌事項
妊娠中やてんかんがある方、高血圧の方はご使用をお控えください。

効果効能は個人的な体験談によるもので、個人差があります。自己責任でご使用ください。

 

 

PAGE TOP