製品原料の96%はドテラ社との専属契約をしている40カ国を超える地域の農家で安全に栽培されています。

そのため、全く同じ品質のエッセンシャルオイルや、同じ製造元のオイルは他では手に入れることができません。
ドテラ社が求める品質基準と専売契約によって、ドテラのエッセンシャルオイルを他の追随を許さない高品質なものにしています。

エッセンシャルオイルの原料の多くは、世界各国の発展途上国の貧しい農家で生産されています。
そんな多くの生産者や蒸留者と協力関係を築くことは簡単なことではありません。
それには何年もかけて信頼関係を確立する必要があります。

公正かつ正直に個人や共同組合と取引することで、ドテラ社は彼らとの信頼を構築してきました。
そのような地域とパートナーシップを築くため、ドテラ社はヒーリングハンズ基金を立上げました。

その資金で生産者に生活用品を提供し、教育の向上を行うなど、地域の生活向上に努めています。
それは、生産者・利用者を豊かにするための、ドテラ社の企業理念を体現するフィランソロピー活動の一環であります。

その誠実な努力が結実し、ドテラ社と契約する生産者は増加の一途を辿り、今では世界で最もエッセンシャルオイルを生産する企業となっています。

次へ >
「エッセンシャルオイルの純度を志向するドテラ社の企業理念」

PAGE TOP